スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「超初心者の修行日記」:3ロウ付け(バーナー編

2007.08.19(15:05)
関西の猛暑に しっかり夏ばてしています( ̄_ ̄;) そんな中 久々に彫金のレッスンを受けてきました。 念願のバーナー&ロウ付けです♪ ~ 今回のレッスン : 「平打ちリング」 ~ ? 今回つくるリングのサイズと幅を宣言して、計算した寸法を銀板から切り出す。  私は今回8mm幅、14号のリングを宣言しました。 ? 切り出した銀板を焼き鈍す。  銀の色合いがほんのりピンクになったらOK。 ? 『SILVER』等の刻印を内側に打つ。  「君は普通の女性よりも 腕力が強いんやから、程々にな~」 ・・・と言われても、先生~ (_ _;)  打ち抜くほどの力はありませんっ! ? ロウ付けする箇所を並行(真直)に向ける。  この時に切り口がガタガタだと、ダメ。 ロウ付けする前に ヤスリで丁寧に整え直しました。 ? 接着したいところに銀ロウを乗せて、一番離れた部分から炎をまんべんなく当てていく。  ロウが溶けるのって、一瞬なんですね~! (@_@)  ロウ付け、完了。 ? ロウ付けした銀を、リングの形に整える。  サイズも、この時点で調整する ? リングの表面をヤスリがけする。  厚みが均等になるように(部分的に削り過ぎないように)注意 ? 裏面もサンドペーパーで丁寧にヤスリがけをする。 ? 磨きヘラで表面をヘラがけする。 ? リューターでバフがけをする。 完成。 よ~く見てみると、内側に継ぎ目が微かにわかります(^_^;) ロウが端まで充分行きわたっていなかったようです。。 2年前に銀粘土を始めたばかりの頃 私は自宅ではアートクレイのバーナーキットで焼成していました。 せっかく形成したものを、使い勝手がわからずに溶けて型崩れさせたことも何度もありました(涙) 慣れてくると、「二度焼きしてしっかり炎を通せば大丈夫♪」 な~んて安心していたら、充分に火が通っていなくて『生焼け』状態だったり、熱にムラがあって合成石の色が濁ってしまったり等、失敗は数知れず。 ・・・だから、今回バーナーの使い方を覚えることは、本当に心待ちにしていました。 工程のひとつひとつに、目で見た感覚、指で触ってみる感覚、タガネを打つ時やサイズ調整の際の音の感覚、・・・等など、ただ道具を使うだけじゃなくって五感で感じるものの中に大切なことがいっぱいなんだなぁと、今回のレッスンだけでも実感しました。 また、糸鋸等の基本的な作業が丁寧にできているかどうかで、後の作業の時の修正や手間がかなり違ってくることも痛感しました。 でも、自分の手の中でピカピカになって完成していく様子は 顔が緩んでしまう程嬉しい! 次のレッスンでは甲丸リングをつくるそうです♪
スポンサーサイト
彫金 | トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]

<<「超初心者の修行日記」:4 ロウ付け&ヤスリ | ホームへ | おかえり~♪>>

コメント
初ロウ付けおめでとう~~。 ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ ヾ(o゚ω゚o)ノ゙
綺麗じゃ~~ん。
こういうリングって銀粘土だと意外と難しいよね。
彫金面白そうだなぁ。
あー、わしもやってみたくなってきた。
次回の甲丸、頑張って削ってね。(笑)
【2007/08/19 22:19】 | moobu #79D/WHSg | [edit]
私は?の磨きヘラは彫金では一度も使った事ないのですが、有効なのでしょうか?(@_@;)
これ、多分厚さは1ミリくらいなのでしょうね。綺麗に出来ていると思いますよ。
私もロウ付け前の合わせ目を平行にするの苦手で、よく斜めになってしまいます。平行に削ったつもりが、右肩下がりになってしまうという、手の癖がある為、1年半も彫金やっていて未だに克服できていません。
私はロウ付け直前に合せた箇所を一旦、糸鋸を入れるようにして真っ直ぐにしています。
ロウ付け部分が見える継ぎ目は、内側に早ロウ(「はやろう」と読みます)を使用してロウ付け後、リューターで丹念に研磨しています。
【2007/08/19 23:23】 | 刻 #79D/WHSg | [edit]
いい感じじゃないですか~
ロウ着も克服して・・ いいな~
作品が出来るって、もうそれだけでうれしいですよね!
わたしも、ガンバロ 夏バテなんてしてられないですね。
【2007/08/20 00:37】 | founder #79D/WHSg | [edit]
☆ moobuさん ☆
初ロウ付け、難しかったです~。 溶けた銀ロウって、一瞬の勝負なんですね~(@_@) 炎の向きで流れが変るし(涙)
実は、もう甲丸リングのロウ付け、出来ているんですがサイズ調整などがまだまだ上手くいかずにやり直しました。
銀板から切り出して磨いてピカピカになっていく表情は 粘土とはまたちがった感じがします♪ 楽しいですねー☆
甲丸リング、削り過ぎないように(^_^;)がんばりますねっ ありがとうございます☆
【2007/08/20 13:06】 | saya #79D/WHSg | [edit]
☆ 刻さん ☆
ありがとうございます! はい、今回厚さ1mmの銀板を使用しています。
今回のロウ付けには5分ロウを使用しました。 内側の補修には早ロウですね! 今度、自分で試してみます(^-^)
?のヘラがけ・・・ (・_・;) そうですね、よく考えたら、何で必要なんでしょう?
その前にサンドペーパーで表面を#1000まで使って磨いたのですが、有効な理由、次回のレッスンの時に師匠に尋ねてみます。 また報告させてくださいね。
実は、? のやすりがけで整える直前に、刻さんがされているのと同様の作業をしました。  鋸のクセは本当になかなか抜けないのですね・・・。 
銀粘土を修める以前にに糸鋸は届いていたのですが、『自己流で癖がつくとそれを治すのに大変だから』と事前の練習を先生から止められていました。
いつもアドバイスありがとうございます。 とても助けていただいてます。
まだ始めたばかりですが、がんばります☆
追伸:ブラスワーク、やり直しています。完成したら、見てやってくださいねm(_ _*)m
【2007/08/20 14:11】 | saya #79D/WHSg | [edit]
☆ founderさん ☆
自分の手の中で完成していく様子は、とっても嬉しいですね~
今回のリングは、まだ先生の指導のもとでつくったので細かい指導がいっぱいでした(^_^;)。 早く克服するには、やはり数こなして練習するしかないのかもしれません。
いつか私もWAXもやってみたいのですが。。。 いつになることやら( ̄_ ̄;)
お互いに 頑張りましょうねー☆ 
【2007/08/20 14:16】 | saya #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
プロフィール

arrows@ヤヨイ

Author:arrows@ヤヨイ
主に天然石とシルバーを素材にしたジュエリーの製作をしております。
屋根裏部屋にある工房で、日々試行錯誤しつつ製作を楽しんでいます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。