スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

この夏に想うこと

2011.09.19(11:02)
今年の夏、久しぶりに田舎の方に行ってきました。

叔父が緊急入院と聞いて両親と共に、車で病院へ。


叔父は現在80代で、戦争があと2日終わるのが遅かったら
片道分の燃料だけを積んだ特攻機に乗ることが決まっていたそうです。


病院へ駆けつけると、術後の叔父は顔色も良く
ペースメーカーも好調のようでみんなでホッと笑顔の十数年ぶりの再会でした。

父の姿を見て、叔父はベッドから起き上がる。。


そうして、「また会えて良かった」と、
父と両手で握手を交わしていたのが私はとても嬉しく思いました。


-----------

私の父は、若い頃に脳梗塞を患い左半身不随になりましたが
この叔父は倒れたときすぐに遠方を駆けつけてくださいました。

当時の病院では父の病状をベッドから起き上がれたら恩の字と言われました。

幸い人さまのご縁でリハビリの充実した施設に転院が叶い、
もちろん本人の頑張りもありましたが

数年後には麻痺を抱えながらも杖を使い
ひとりで外出することができるまでになりました。



叔父が私たち甥姪を相手に話をしてくれました。


戦友の話、家族の話。。。


「死ぬまでは、何が良かったなんてわからへんかもしれへん。
 
 でも、なんでも生きていてこそやと思うんや。
 死んだら、何も持っておかれへんからなぁ。。

 都度、後悔しない道を選びや(選びなさい)。
 そのなかでがむしゃらにやるねん。

 それが、なによりやと想う。」


私の知る限り、今回2度目の「命の終わり」を意識をされた叔父の
そんな言葉が今でも頭を離れません。

そして、一度は寝たきりを宣言された父が
杖をつきながらでも自分の足で歩いていることが
すごいことなんだと改めて思いました。



病気(健康)ひとつ
社会情勢にもひとつ

そして、ひとのご縁ひとつにしても

今だけを見るのではなく
流れを見つめてみたならば
本当に不思議でありがたいと想いました。

---------


阪神大震災のときには震度7を経験しました。

JR東西線の列車事故の際、当時の事務所への通勤ルートだったのですが時間がずれていたので私はたまたま遭わずにすみました。

人災も、ましてや天災でも多くの被害が起きていることを見るのはとても胸が痛みます。



今回の台風の被害で、叔父の住む村も電話が不通になり連絡が取れない時期がありました。
(無事の一報は、両親からすぐに私にも連絡が入りました)



東日本大震災も
今回の台風被害も

これ以上被害が広がりませんように。


一日も早く落ち着きますように。
一日も早く復旧がすすみますように。。

心から祈らずにはいられません。


そして、いま私が生きていることに感謝しつつ
毎日を大切に生きていこうと改めて想いました。

重い日記で失礼しました。

そして、読んでいただいたみなさまへ
ありがとうございます。


これから、またここには些細なことでも嬉しかったことを
いっぱい見つけて綴っていきます。


           arrows 拝
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
プロフィール

arrows@ヤヨイ

Author:arrows@ヤヨイ
主に天然石とシルバーを素材にしたジュエリーの製作をしております。
屋根裏部屋にある工房で、日々試行錯誤しつつ製作を楽しんでいます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。